美容専門学校に進学して知識を得よう|プロへの指標

AO入試で大切なこと

面接と自己PR作文の対策

洋服

スタイリストの専門学校に入学するには、まず高校を卒業しましょう。
中学卒業後すぐに専門学校に入りたい人もいるかもしれませんが、高校卒業が受験資格になるのです。
スタイリストの勉強をより早くしたい人は、アルバイトができる高校に入学しましょう。
アパレル店で働けば、ブランドの勉強やセンス磨きができます。
 専門学校は総じて入試に合格したものだけが入学を許されます。
入試はAO入試、推薦入試、一般入試が設けられていますが、AO入試を重要視する学校が多数です。
そのため、AO入試対策を重点的に行いましょう。
AO入試を受けるには、学校から願書を取り寄せ、高校から調査書を貰わなければいけません。
間違いのないように願書を記入したら、未開封の調査書を一緒に送付します。
専門学校によっては独自の自己PR用紙等を一緒に送付させる所もあるので、パンフレットや願書の注意事項をよく読むようにしましょう。
また、願書の受付期限は各学校で違います。
AO入試は夏から冬に行われますが、その1か月前、早くて3か月前には受付を終了してしまうのです。
期限内に送付できず受験できないことがないように、早めに済ませておきましょう。
大学のAO入試は小論文と面接が多いですが、専門学校は面接か面接と作文です。
作文のテーマは自己PRが多いので、どんなスタイリストになりたいか等、将来について常日頃から考えておくと良いです。
面接は、学校の先生に協力してもらって練習をすると良いでしょう。
スタイリストやファッションに対する情熱が伝われば良いので、リラックスして自分の意見が言えるように練習することが大切です。

サポートが充実している学校

レディ

ファッション関係に興味を持ち、将来専門的に学びたいと考える人は女性を中心に多いです。
ファッション関係の中でも人気の職業はスタイリストで、専門学校に進んで学ぶ人も増えています。
スタイリストとはモデルさんや俳優、女優さんの衣装をコーディネートする芸術性が高く、非常にやり甲斐のある職業です。
スタイリストになるための専門学校は数多くありますが、学校選びは大切です。
専門学校選びのポイントは、まず服飾系の学科のある専門学校を中心に検討しましょう。
希望の専門学校がある程度絞り込めたら、実際に学校へ足を運ぶかパンフレットを取り寄せましょう。
スタイリストになるために適した学科なのか、自宅から通学可能かどうか等もよく調べて下さい。
大抵の専門学校ではオープンキャンパスを開催していますので、実際に授業を体験して自分に向いているかを肌で感じるのも良いでしょう。
またスタイリストとして即戦力として働くには実技を学べることが重要です。
プロのスタイリストさんから直接指導を受けられるカリキュラムがあるかもチェックしておきましょう。
更に、卒業後の進路についても確認して下さい。
頑張ってスタイリストの勉強をしたことが活かせるところに就職できるかも大切です。
専門学校によってはスタイリスト業界と繋がりの深い学校もあります。
就職活動のサポート体制が充実しているかどうかもチェックして下さい。
これらのポイントを考慮して希望の専門学校が決まれば後は入学の手続きを済ませて自身の夢が実現できるよう頑張りましょう。

年100万で技術を磨ける

服

ファッションの流行に敏感で、常にアンテナを張れる人はスタイリストの仕事が適しています。
様々な媒体に出演するモデルや女優のファッションをコーディネートするスタイリストは、高校と専門学校を卒業し就職するのが主流です。
特別な資格がなくてもなれるのに、どうして専門学校に通うのでしょうか。
それは採用条件を「専門学校を卒業又は在学中であること」とする企業が多いからです。
専門学校の勉強は、就職に大変メリットになるのです。
スタイリストを志す学生は、主にスタイリストコースに通います。
そこでファッションの歴史やカメラワークなどを習い、技術を磨いていくのです。
また学校によっては、検定の試験勉強を主とする講習も行われます。
検定資格は必ずしも要るわけではありませんが、取っておくと成長できる検定も数多く存在します。
例えどのような検定が役立つかわからなくても、専門学校ではどれが良いのか教えてくれるので安心できます。
2〜3年で卒業するコースがほとんどですが、4年通えるところも存在します。
4年制は大学を卒業したのと同じ称号が得られるので、学歴を重視する人は4年制の方がおすすめです。
学費は年間100万円前後で、入学金は20〜30万です。
どの学校でもあまり金額に差はないので、講師や校風、学校の雰囲気を参考に決めるのが適当です。
その際パンフレットを見るのも良いのですが、是非オープンキャンパスに行きましょう。
オープンキャンパスでは説明会の参加や授業体験ができるので、その学校の内情を一番知ることができるのです。

検定試験の対策や開催

ネイル道具

名古屋のネイルスクールでは、複数のネイル検定の試験対策が行われています。そのため自分の希望に合うところを選んで、入学する必要があります。特にジェルネイル検定の場合、試験対策に加え試験も実施しているスクールもあります。そこでなら、通学しながら受験できます。また、通いやすさを考えて選ぶことも大事です。

もっと読む

関連資格も取得する

女の人

名古屋のネイルスクールに通うのなら、ネイリストの資格だけではなく、関連した他の資格も取得してしまいましょう。そうすれば、将来の道がひらけます。また、ネイルなどの美容関係の資格を持っていると、様々な場面で役立つことがあります。

もっと読む

AO入試で大切なこと

洋服

スタイリストの専門学校は総じて高校を卒業し、試験に合格した者が入学を許されます。試験はAO入試が重要視されるので、面接と自己PRに関する作文の練習をすることが大切です。また、願書の受取期限や送付内容は多様なので、注意事項をよく読んでおきましょう。

もっと読む